カテゴリー別アーカイブ: TV

アメリカズネクストトップモデルS12をやっと観終わって
やっと検索できるようになった。
今回はアリソン(アリソン・ハーバード)を応援しまくっていた。
大きな垂れ目と妖精のようなかわいらしさを持つアリソン。
鼻血好きを公言したり中二病っぽいゴス趣味な所とか
日本のアイドルやアニメのヒロインみたいな、ブリッ子っぽい仕草や私服。
自己主張の激しいアメリカ人には珍しい、この小動物的な可愛さを不思議に思っていたら、
彼女は元々オタクのネットアイドルみたいな存在だったらしい。
アメリカの2ちゃんねるとして有名な掲示板、4chanで血の好きな女の子「Creepy-chan(クリーピーちゃん=不気味ちゃん?)」として有名だったとか。
アメリカでは何年も前の放送だし、その後オールスターにも出場してるみたい。その後の情報を見ないようにまた検索するのをやめた。

オンエアバトル終了

オンエアバトルが終わってしまって残念。
最後のチャンピオン大会、ジグザグジギーの1回目のネタが素晴らしかった。
どうでもいいけどS×Lの小さい方とウエストランドの小さい方がごっちゃになる。

ゼルダの伝説のCMソングに22年ぶりのスチャダラパー

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」のTVCMでスチャダラパーの「でるでる、ゼルダの伝説…」(たしか原曲は「ゲームボーイズ」だった)が流れててびっくり!22年ぶりらしい。ボーズの声変わってないな。

新CM「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」

旧CM「SFCゼルダの伝説CM【Full Ver】」

スチャダラパー ゲームボーイズ PV

DAKSポール・ウェラーCM

ポール・ウェラーが出演してるDAKSのCMを初めて見た。
当然歳取ってるけど、当然かっこいい。
娘さんのリア・ウェラーも、ビジュアルが美しいだけでなく歌声も美しい。
イケメンは生涯イケメンっすなあ。

DAKS創業120周年宣伝プロモーションについて
http://www.daks-japan.com/news/201310.html
DAKSは、創業120周年にあたる2014年の宣伝ビジュアルモデルとして、英国を代表するミュージシャン「ポール・ウェラー(Paul Weller)」と愛娘の「リア・ウェラー(Leah Weller)」を起用することを決定いたしました。

※DAKSのTV CM映像は、DAKS公式ホームページ上でもご覧頂けます。
http://www.daks-japan.com/video/tvcm120th.html

MXとTVK

うちさま鬼ヶ島の後半がすごい面白かった。

静岡のローカル番組だったピエール瀧のしょんないTVをTVKテレビ神奈川でも見れるようになった。(数か月遅れの放映だけど)
静岡のスナックママの人生ゲームとか、静岡のエキストラの人を集めた特集とか、すごい面白い。女子アナさんも可愛い。

全国ネットの地上波番組よりローカル局の方が面白い。

プロジェクトランウェイにテコ入れがあったみたいだけど
一番ショックだったのはティム・ガンさんがいなくなったことだった
アドバイザーは、マリクレールの人より、せめてアイザック・ミズラヒの方が面白かったような気がする

お宝鑑定番組

ヒストリーチャンネルの人気番組「ポーン・スターズ」の質屋リック親子来日記念「ポーンスターズvsニッポーンスターズ」という特番が期待以上に面白かった。
伊集院光と雑誌ライトニングのアドバイザーの人が、中野ブロードウェイで探してきたお宝を持参して、リック親子と交渉するという企画。
日本でもこのシリーズやってくれればいいのに。

この質屋シリーズの新番組、イギリス版の「イギリスお宝鑑定団ポーン・スターズ」も始まった。
まだ注目を集めようとしてかやや奇をてらった物を並べてる感じだけど、それでもイマイチだったケイジャン・ポーンスターズよりは期待できそう。

そもそもこの手の番組は、イギリスが元祖、BBCの「Antiques Roadshow」が元祖だったんじゃないかと思う。

Wikipedia – Antiques Roadshow
http://en.wikipedia.org/wiki/Antiques_Roadshow
BBC – Antiques Roadshow
http://www.bbc.co.uk/programmes/b006mj2y

「Antiques Roadshow」は1979年くらいから続いてる長寿番組らしい。
昔、日本でも、NHKのBS2で「西洋アンティーク鑑定会」という邦題で放送してた事があった。
殺風景な会場のあちこちに何人かの鑑定士がいて、鑑定希望者が家具とかを抱えてずらっと並んで待ってる地味な情景が、イギリスらしくて面白い番組だった。
壊れかけたような古ぼけた木の椅子とかに高い評価が付いたりするのもイギリスらしくて面白かった。
評価と言っても、たしか、売買価格ではなく、「この品なら○○ポンドの保険をかけるといいでしょう」と保険金額を言うという、これまた地味な鑑定方法だった(笑)
たしかこの番組の日本放送と同じ頃、日本でもテレビ東京で「開運!なんでも鑑定団」が始まった気がする。(ちょっとずれてたかもしれない)

たしか、「開運!なんでも鑑定団」の原型は、日テレの深夜番組(11PMの次の次くらいの後継番組?)の終了間際に始まった企画だと思った。
上岡龍太郎と島田紳助の司会で、「もうすぐこの深夜番組が終わるので、司会者ごとこの企画を買って下さい」みたいな事を言ってたら、
本当にテレビ東京で司会者ごとこの企画の番組が始まったんで、「さすがテレビ東京」とウケた記憶がある。
まさかこんなに長寿番組になるとは想像してなかった。

キングオブコント

キングオブコントかもめんたる優勝して良かった。
このメンバーだと鬼が島とジグザグジギーが一番好きだけど、この日はかもめんたるが一番良かった。

天竺鼠は個人的にあらびき団の頃からどうも苦手だ。
小劇団の演劇の苦手さと似た感じ。
うしろシティもどうも苦手だ。
ネタは好きなんだけど。
うーんなんだろう?コント中の金子のオサレな服装とか、何か雑念のようなものが引っ掛かって、コントを楽しめない。自分が悪いんだけど。

ジグザグジギーが一番ポテンシャル高いと思うんだけど、ブレイクしてくれないかなあ・・・

マインドハッカー

アッコにおまかせで
マインドハックだかマインドハッカーだかのトニー・ジャンとか言う人が
ますおか岡田の初恋の人を当てるとかいうネタをやってた

岡田にどの時期の彼女を書かせるかコントロールするとか言いながら
「高校時代」と書いて見せたスケッチブックの裏側に
なぜかあらかじめ「東京以外」と書いてあった
気が付いてさり気なく破り捨ててたけど
あれは何だったんだろう
もうひとネタ何かあったのかな?