電子マネー・ICカード

長い間、家にこもっていたので、交通系ICカードやプリペイドカードとは無縁の原始的な生活をしてきた。
ICカード、プリペイドカード、おさいふケータイ系の機能はほんとんど使使ったことがない。

最近、たまに自分で電車に乗るようになり、PASMOを買ったが、まだ改札でとまどう事が多くて情けない。
でも、自動販売機で切符を買うのは結構大変なので、PASMOがあると便利だ。

WebMoney

オンラインの買い物も、ネット銀行振込やクレジットカードを使う事が多く、外出して買わなければいけない電子マネー系プリペイドカードを使った事は無かった。

大手のショッピングサイト数社にはクレジットカードを登録してあるが、その他の支払は全てネット銀行振込にしていた。

ところが、先日あるサイトで支払いしようとしたら、銀行振込の選択が無く、「クレジットカード支払」か、電子マネーの「WebMoney」支払のどちらかを選択しなければならない。

クレジットカードはなるべく使いたくなかったので、WebMoneyにする事に。

ウェブマネーには疎かったので調べてみると、コンビニなどに行って定額のプリペイドカードを購入する方法とウォレットのアカウントを作ってチャージする方法があるらしい。
アカウントを作ってオンラインバンクからチャージするのでは、他の金融情報と切り離されたウェブマネーの安心さが失われる気もする。(そんなことはないんだろうけど)
やはりプリペイドカードを買って来て支払う事にした。

最初、コンビニでプリペイドカードを買おうと思っていたが、1枚のプリペイドカードの金額は最大で2万円らしい。
私が支払いたい金額は、もう少し高額の3万8千円だったので、
複数枚購入して入力しなければならないようだ。

5~6枚のカードの番号を立て続けに入力するなんてちょっと面倒そう。

複数枚の場合の入力について調べようとウェブマネーのサイトを見てみた。
すると、今はauショップでチャージするタイプのストアカードというのもあるようで、それだと1枚に最大10万円までの金額がチャージできるらしい。

こっちの方が便利そう。
今はキャンペーン中らしく、auショップで2万5千円チャージすると500円分のポイントがサービスされるらしい。
しかもダブルチャンスで100人に一人、チャージした金額と同額がその場で払い戻されるっていう当たりくじみたいなチャンスもあるらしい。

当たりの方は無理だろうけど、500円分のポイントがつくのは魅力がある。auショップでチャージする事にした。

行ってみて扱ってないと無駄足なので、
近所の(車椅子でも入りやすい)auショップに問い合わせてみる。
応対された店員さんは、いまいちWebmoneyカードへのチャージについて様子がわかっていないようだったけど、一応、扱っていますと返答された。ちょっと不安。

auショップに行ってみる。
店内は数人のお客さんの対応に忙しそうでちょっと申し訳ない。
案内の女性にWebMoneyのストアカードのチャージをしたい、と伝えると、愛想よく「うちでは扱ってないので、コンビニなどに行かれては」と言われる。

「電話では扱っているとお聞きしたんですが」と言うと、ちょっとお待ちください、と言われ、調べてくれたらしい。

が、「チャージは2万5千円が上限なので、2万5千円のストアカードをを1枚と、あとはコンビニなどでプリペイドカードを購入されては」と言われる。

「10万円分までチャージできると書かれてたような気がするんですが」「ダメですか…」「じゃあ、2枚に分ける事は可能ですか?」といろいろ聞いてみる。

「チャージ額は1万円を超えると5千円単位になるので、3万8千円ちょうどは難しい。2万5千円のカードと1万5千円のカードの計2枚で合計金額が4万円になってもいいですか?」と聞かれる。
それでもコンビニのプリペイドカードよりは枚数が少なくて済むので、了承して待つ。

30分ほど待つとやっと担当の男性に対応して頂けた。
その方もWebMoneyの手続きには明るくないそうだが、熱心に問い合わせてくれて、1度にチャージできるのは2万5千円までだが、続けて1万3千円をチャージする事で、1枚のカードに計3万8千円をチャージする事ができた。
ありがたい。

チャージには1時間くらいかかってしまったが、1枚にまとめてもらったおかげで、支払時の番号入力が1回で済んだ。

 

 

 

Google Playギフトカード

androidスマホ使ってるけど、有料のアプリを入れた事が無かった(笑)

携帯時代から、有料コンテンツを使った事がないし、電話会社のキャリア課金系の使い方はほとんどしたことがない。

ところが、初めてGooglePlayでどうしても入れたい有料アプリができた。
キャリア課金も嫌だし、クレジットカード登録もしたくないとなると、支払方法は昨年(2013年)12月にスタートしたGoogle支払用のプリペイドカード、「GooglePlayギフトカード」しかない。
というわけで、早速コンビニで買ってきた。
一番安い1500円のカード。

GooglePlayで番号を入力するだけで支払で来て便利。

narida
About narida 69 Articles
当サイトの管理人。 昭和30年代生まれの高齢オタクです。 筋肉の難病で車椅子生活をしていますが 初音ミクで音楽を作ったり、コミpoでマンガを作ったり、 客船で旅行したり、サッカー観戦したりと 脳天気な生活をしています。 http://ii.la/narida/